CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

岩国宮島航路に乗ってみた200215

[2020年02月18日(Tue)]
2019年の12月下旬に、岩国宮島航路ができたということを知り、一度乗ってみたいと思っていたところ、宮島に行く用事ができたので乗ってみることにしました(江戸時代にも宮島〜錦帯橋は、観光ルートだったようですが、当時は、今はない今津の港経由だったのかな?)。

今回は、時間的に帰りの便には間に合わないので行きだけ。

2001岩国宮島航路.JPG

原爆ドームから宮島への航路も持っているアクアネット広島が運行しています。

岩国の新港から出発です。

200215岩国宮島航路01.JPG

普段見ることのない、宮島の外側を通っていくので、海に向かって建てられている鳥居などの案内地図も船内にあり、まじかとまではいきませんが、何か所か見ることができました(船から見える他の島々のわかる海図のようなものもあればより楽しめそう)。

200215岩国宮島航路02.JPG

200215岩国宮島航路03.JPG

右側が弥山の山頂。JR山陽本線と宮島の間には牡蠣筏がたくさんあるのは見知っていましたが、逆の側にも牡蠣筏がちらほら見え、牡蠣殻をうずたかく積んだ場所も(有機石灰肥料の原料にしたりするのでしょう)。

200215岩国宮島航路04.JPG

かつては、海水浴場としてにぎわっていたという絵の島も。台風被害を受けて再開のめどは立っていないようですが、いかにもいい雰囲気。

200215岩国宮島航路05.JPG

200215岩国宮島航路06.JPG

趣のある聖アを回ると到着。

200215岩国宮島航路07.JPG

あいにくの曇りでしたが、瀬戸内海の島々を見ることができて満足です。天気が良ければもっと風景を楽しむことができたことでしょう。


200215岩国宮島航路08.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ