CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

686_大みそかの収穫

[2020年01月02日(Thu)]
10月下旬に知り合いから分けてもらった野口のタネ。ちゃんと間引きを行ってないし、草取りもさぼりがちですが、何とか大きくなってきています。

蕪(カブ)に、間引かないとどうなるかといういい例がありました。狭すぎると競り合って大きくなれません。

191231間引かないカブ.JPG

育てやすい小松菜は、ぼちぼち収穫時期。

191231コマツナ.JPG

春菊はまだまだですね。

191231シュンギク.JPG

サニーレタスは草と混然一体となっています。プランターに分けるといいかも。

191231サニーレタス.JPG

法蓮草(ホウレンソウ)は成長が遅い(というか、実はなぜか私は法蓮草を育てるのは苦手)。

191231ほうれん草.JPG

大根(ダイコン)はあまり大きくならない種類みたいなので、大根と蕪と小松菜を間引いて、葱(ネギ)も収穫。おいしいおつゆを作ることができます。

191231収穫.JPG

毎年しぶとく12月までミニトマトの収穫を行いますが、今年は特に暖冬なので、1月まで収穫できそうです(場所だけとって効率は悪いので、早々と抜き取ってしまう人が多いのですが、冬にできるミニトマトは意外と甘い)。

191231ミニトマト01.JPG

今年初めて作ってみた細長い黄色いミニトマトは、夏は糖度が高いためかナメクジによく食べられていましたが、他のミニトマトに比べて冬でもしぶとくできています。

暖かい時期だと、青いまま採って置いておいたら赤くなったりすると聞いたりしますが、冬でもそうなのか、玄関に置いてみようと思います。

19131中玉トマト.JPG

絹莢豌豆(キヌサヤエンドウ)やスナップ豌豆、ブロッコリー、の草取りや施肥や草マルチなどをしてやったり、アスパラガスの枯れてきた地上の枝を切り取って草マルチをしてやったりもしました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ