CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「インバウンド推進セミナー」に行ってみた191219

[2019年12月24日(Tue)]
インバウンドという言葉を最近良く聞くようになってきましたが、いまひとつピンと来ないので、学ぶ機会があれば可能な範囲で参加するようにしています。

191219インバウンド推進セミナー.JPG

今回のセミナー、基調講演のタイトルは「地域課題解決におけるインバウンドビジネスの可能性」。

外資系コンサルタント会社を退職して、2年間世界のツーリズムを学ぶ旅を経て飛騨古川で、主に徒歩や自転車での里山ツアーを行う会社を運営している山田拓さんの話は、具体的なヒントがたくさん。

どこにでもあるような田舎を、旅慣れた英語を理解できる個人か小グループに限定して巡るだけなのですが、地元の人との関係を保ちながら、田舎らしさを壊さないようにできるだけそのままを紹介できるようにする工夫や考え方が徹底していて、外国人にとっては魅力なのだそう。

近年諸外国が物価や賃金が上がる中、日本は低迷しているので、皮肉なことに実は日本は物価が安いというのが魅力になっていること、また、日本は交通機関が発達しているので、近くのメインの観光地の一部として紹介して足を伸ばしてもらうように工夫することが重要だとか。

現在10人くらいの若者を雇用して事業を行っていて、ピーク時でも週休二日を維持できるように就労環境は大切にしているので、現在は需要に供給が追いつかなくて2割くらいはお断りしているそう。空家を購入したり借りたりして、旅行の拠点にしていったりと、地道に地域振興にも貢献している。

後半では、岩国の美和や美川で里山カフェや木工所を行っている人、中心部で日米の交流事業を2年前に起業した人の具体的なお話。

いずれの例も、岩国基地のアメリカ人との交流をすでに行っていて、興味深かったし、そこを手がかりにいろんな事業を考えて行こうとしているのがやはり近道なんだろうなと思わせました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『ふたりの桃源郷』

[2019年12月24日(Tue)]
『ふたりの桃源郷』(佐々木聰著、2019年、文藝春秋)

1912ふたりの桃源郷.JPG

山口放送が約30年に渡って取材を続けた、田中寅夫・フサコさん夫婦とその子どもたちの物語を書籍化した本。

長期の取材となっているので、著者の佐々木さんは二代目のディレクター。

田中寅夫さんは福岡県、フサコさんは山口県岩国市の町中に生まれ、1938(昭和13)年に結婚。寅夫さんが会社のお抱え運転手として働いていた大阪に居を構え、程なく2人の女の子が生まれる。寅夫さんは戦争に招集され、無事に帰ってきたものの、大阪は焼け野原で、親戚を頼って広島に身を寄せいてたが、1949(昭和22)年に、岩国市の奥にある美和町(現岩国市)に山林も含めて3ヘクタールの土地を購入して、電気も水道も来ていない地で農業をして暮らすことになる。

3人目の子どもも生まれ、親兄弟も呼び寄せて暮らしていたが、盗難や火災が重なり、1961(昭和36)年に再び高度成長期の大阪に戻って働くことになる。独立した子どもたちや孫たちと週末に過ごしたりにぎやかな暮らしをしていたが、寅夫さんが65歳のとき1979(昭和54)年に夫婦二人で18年ぶりの山暮らしをする決意をする。

そして、2度目の山暮らしが12年を経過した1991(平成3)年から、山口放送の取材が始まる。取材をまとめた放送は、大小あわせて100以上。人気を背景に、全国放送も12回行われ、2016(平成28)年には、映画化され、第90回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門第1位をはじめ、多くの賞を受賞したり、映画祭での上映が行われた。

この本では、著者が、取材を始めてからの田中寅夫・フサコさんの様子、大阪や奈良に住む娘たち家族の思いや決断や行動などを、取材する側の姿勢や思い、失敗談などを含めてしっかり書かれており、読み応えがあります。

家族のあり方はそれぞれで、どれが理想と言うものはないと思いますが、自然に囲まれた暮らしぶり、登場する人たちのかかわりなど、心に触れるところがたくさんです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ