CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

99『ホテル・ムンバイ』2019サロンシネマにて90

[2019年11月21日(Thu)]
『ホテル・ムンバイ』
(監督:アンソニー・マラス、出演:デーヴ・パテル、ナザニン・ボニアディ、アーミー・ハマー、ジェイソン・アイザックス、123分、2018年、オーストラリア・アメリカ・インド合作映画)

1908ホテル・ムンバイ.JPG

2019年、映画鑑賞99作品目にして、劇場での鑑賞90作品目。

2008年のインド・ムンバイで実際に起こった同時多発テロを元に、テロリストによって占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの宿泊客の救出劇を描く。

リアリティを追求しているので、見ていてかなり辛い。

訓練を受け、宗教的な正義と貧しい家族のために遠くからの指示通りに大量殺戮を行う若者たちは、貧富の差の象徴としての高級ホテルを恐怖に陥れ、地元の警察では対応しきれず、特殊部隊を待つ中、従業員たちは、宿泊客を守るために必死にたたかう。

テロリストの心情を描写している部分もあり、単純な善悪でなく、事実を追おうとした作品のように感じられ、いろいろと考えさせられる。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ