CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

99『コスタリカの奇跡 積極的平和国家のつくり方』2018八丁座にて85

[2018年12月05日(Wed)]
『コスタリカの奇跡 積極的平和国家のつくり方』
(監督:マシュー・エディー、マイケル・ドレリング、90分、2016年、アメリカ・コスタリカドキュメンタリー映画)

1812コスタリカの奇跡.JPG

2018年、映画鑑賞99作品目にして、劇場での鑑賞85作品目。

今年で10年目を迎えた「食と農の映画祭2018 in ひろしま」での上映作品の一つ。松元ヒロさんのソロライブでも紹介されていて、観てみたかったのでよい機会でした。

1812食と農の映画祭.JPG

コスタリカと言うと、豊かな自然を生かした観光立国の国というイメージで、実際、この映画の中にも豊かな自然も描かれています。

人口約500万の中南米の小国コスタリカは、1948年、軍事予算を医療や教育に充てるとして軍隊を廃止、2018年に国連が発表した「世界で最も幸せな国ランキング」で、世界196カ国中、第13位と、存在感を示している。

軍隊を廃止した経緯から、その後何度も迎えた危機を乗り越えていったこと、しかし、現在他の多くの国のように貧富の差が広がりつつあって、理念どおりに行かない面も描かれています。

イラク戦争当時、政権がアメリカを支持したことを1人の法学部の学生が憲法違反だと訴えて勝訴した話。隣国のニカラグアに軍力で国境の島を占拠されるも、国際法に訴えて解決した話、軍隊によらない平和を各国に提案する姿など、印象に残るエピソードも多いし、何より、軍隊を持たないことが人々の生活に根ざしていて、文化になっていることが伝わってくる。

それにしても、中南米と言えば、アメリカなどの介入などもあって、軍事的に不安定な時期も多いのに、指導者のリーダーシップと国民の支持(国民の9割が軍隊を持たないことを指示しているらしい)があれば、軍隊を持たないことは可能であるということを示してくれていて、とても勇気をもらえる作品です。

この映画を観ると、日本の現状のことを思い起こさずにはいられません。


これまで観て書きそびれた映画の一言メモを。

93『名前』2018横川シネマにて81
(監督:戸田彬弘、出演:津田寛治、駒井蓮、勧修寺保都、松本穂香、114分、2018年、日本映画)

1810名前.JPG

さまざまな名前を語って、偽りの生活をしている男性の元に、ある日彼を「お父さん」と呼ぶ女子高生が現れる。時々あらわれる彼女との不思議な生活が続く中、ある誤解があったことがわかって・・・。

94『死なない子供、荒川修作』2018DVD購入
(監督:山岡信貴、出演:荒川修作、佐治晴夫、ナレーション:浅野忠信、80分、2010年日本映画)

1810死なない子供、荒川修作.JPG

住むことのできる不思議な空間である「三鷹天命反転住宅」やテーマパーク「養老天命反転地」などを作った現代美術家 荒川修作のドキュメンタリー映画。何だかよくわからないけど、刺激的。最近観た『縄文にはまる人々』を撮った監督が、前から気になっている荒川修作さんのドキュメンタリーを撮っているのを知ったので。

95『マイ・プレシャス・リスト』2018サロンシネマにて82
(監督:スーザン・ジョンソン、出演:ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン、バネッサ・ベイヤー、98分、2016年、アメリカ映画)

1809マイ・プレシャス・リスト.JPG

天才なのに(だから?)、人とのコミュニケーションが上手くいかない女性が、セラピストや周りの人の関係の中で、他人との関係を取り戻していく。ありがちな話しながら、細かなエピソードなどが面白く、好きです。

96『日日是好日』2018八丁座にて83
(監督:大森立嗣、出演:黒木華、樹木希林、多部未華子、100分、2018年、日本映画)

1811日日是好日.JPG

樹木希林さんの遺作の一つ前の作品。いい作品だと思うんだけど、想定内というか。習い事と言うのは、人生のアナロジーなんだろうな。

97『地獄の黙示録 特別完全版』2018レンタルにて
(監督:フランシス・フォード・コッポラ、出演:マーティン・シーン、マーロン・ブランド、デニス・ホッパー、202分、2001年(1979年製作のものに約50分を追加再編集)、アメリカ映画)

1811地獄の黙示録.JPG

高校時代に映画館で観て以来、久々に観たのですが、最初の劇場版とは違ってたとは言え、ほとんど覚えていなかった。11月に「読むロバの会」の課題図書『闇の奥』が原作になっているというので、改めて観てみたのです。『闇の奥』は、100年以上前のアフリカでの象牙商人の話、映画は、ヴェトナム戦争の話と舞台は違うものの、ともに西洋人が行ったことの現地での混沌が、描かれています。

98『あん』2018八丁座にて84
(監督:河瀬直美、出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、113分、2015年、日本・フランス・ドイツ映画)

1812あん.JPG

今年亡くなった樹木希林さんの最後の主演作。事前に何も知らずに観たので、意外な展開でちょっとびっくりでしたが、河瀬直美さんの作品の中では、わかりやすい作品だと思う。
今年、樹木希林さんの出演作については、劇場公開された3作品『万引き家族』『モリのいる場所』『日日是好日』と、この作品を観ました。個人的には『万引き家族』が一番おススメです(次点は、『モリのいる場所』)。

100『大平農園 401年目の四季』2018八丁座にて86
(監督:森信潤子、64分、2018年、日本ドキュメンタリー映画)

1812大平農園.JPG

東京の世田谷に、たどっていくと400年前から続く農家。農薬の恐ろしさを感じて長年有機無農薬で作物を作り続ける。周りの応援を受けながら続く農園の四季を追う。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ