CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

石井啓一郎ファミリーコンサート180324

[2018年03月28日(Wed)]
石井啓子さんゆかりの岩国にある古民家を改修した宏樹庵に数年前から本格的に住み始めた石井さん夫婦と、娘さんの陽子さんの3人で毎年開催しているコンサート。

有名な曲から、それほど知られていないけど素敵な曲や日本の曲のアレンジ曲など、プログラムに工夫があり、聴きごたえがあります。私は、生演奏でしかクラシック音楽を聴くことがほとんどないので、いつまでたっても素人なのですが、このコンサートは本当に素晴らしく、とてもおススメで、毎回もっと人を誘えばよかったと反省します。

今回は、私がかねてより希望していた石井啓子さんのピアノソロもあって、より満足度が高いもので、今後もプログラムに入れてほしいなあと思っています。

直前に、許可を取って、前半3曲目の3人で演奏する曲の時だけ写真を撮影させてもらいました(昨年購入したオリンパスのOM-D E-M1 MarkUには、シャッターの無音モードがあるので、客席の一番後ろからだと、あまり気をつかわずに撮影できるので助かる)。

180324石井ファミコン01.JPG

180324石井ファミコン02.JPG

180324石井ファミコン03.JPG

ピアノの譜めくりをしている女性、どこかで見かけた人だなあと思っていたら、3月初めに由宇文化会館で開催されたゆう音楽祭の第一部でピアノの演奏をしていた(音楽大学を卒業してこれからふるさとで活躍する予定の)松村和さんでした。

石井さん関係で書いておくと、これから5月の連休には、宏樹庵や昨年完成した純木造の展示スペース「幸明館」や近くの自治会館で行われるミュージックキャンプとその最後に行われる「散歩がてらのコンサート」。6月には、息子さんの宏二郎さんの絵画の展示会が行われる予定のようで楽しみです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ