CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『5つ数えれば君の夢』を観てきた

[2014年06月22日(Sun)]
『5つ数えれば君の夢』(日本映画、監督・脚本:山戸結希、主演:東京女子流、85分、2014年)

140621_5つ数えれば君の夢パンフ.JPG

予感は的中したというか、それ以上というか。この映画には、完全にやられました。

感動しました。

この感動をどう表現したらいいかわかりません。

いま注目の山戸監督と、5人組のガールズ・ダンス&ボーカルグループ東京女子流をぶつけてみようという企画物だったようなのですが、結果として大正解。

もしかしたら、つまんないアイドル映画だったらどうしよう、と少しだけ思っていた自分に深く反省。

普通のアイドル映画じゃないのならどうなのだと聞かれて、表面的には例えば、「現代女子高生の暗部を描く」、みたいな紋切り調の言葉が思いつきますが、全然違う。

5人の主人公たちによって話される、日常会話にはあまりなさそうな言葉(せりふ)たちが、しかし、それをあえて喋らせることによって、美しい映像と音楽とに相まって、高校生の年代の女性の揺れる思いや憧れ、不安、焦りなどを、ぎゅっと凝縮して結晶させているような。いや、それを描き出すことによって、人が人を好きになることや、人が人に憧れること、人が人と関わることなど、人と世界とのつながりなどについてを、ダイレクトに感じさせてくれるような映画?になっているように思いました。

初日ということで、山戸監督来場、と書いてあり、監督トークとまでは書いてなかったので、挨拶をするくらいかなと思っていたら、上映後、2時間以上のトークとなり、さらに打ちのめされた次第。

山戸さんの話が、また面白い。しっかり最後まで聞いて、質問もさせてもらい、パンフレットにサインもしてもらいました。

今回の映画を作成することによって、さらに作りたいことが広がって、次作の構想を練っているようで、楽しみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ