CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

宏樹庵ディナーコンサート

[2012年03月05日(Mon)]
日本フィルハーモニー交響楽団のヴァイオリニストとして活躍する石井啓一郎と、ピアニストとして活躍する石井啓子さん夫婦。岩国にある奥さんゆかりの古い古民家を改修して、宏樹庵と名付け、コンサートや展覧会場として活用していましたが、啓一郎さんが定年を迎える時期になった(自己申告?)のを機会に、本拠地を岩国に移すことになり、こちらに住むようになって初めてのコンサート(毎年開催しているコンサート自体は10回目)。

私自身は、宏樹庵に来るのは以前に息子さんの宏二郎さんの絵画の展覧会を観に来て以来の2度目。

あいにくの雨でしたが、庭には宏二郎さんの手による竹のオブジェ。玄関先には大きな甕の生花がお出迎え。

120304kojyuan.JPG

120304koujyuanniwa2.JPG

用事があって、そのあと続きでの参加となったため、少し早目の到着で、同時開催の宏二郎さんの絵画をじっくり鑑賞することができました。

コンサートは、言葉で表現することは無理。絵画を鑑賞していたりしたために2階の会場入りが遅れて、残っていた席は啓一郎さんの前1メートル(息遣いが感じられるとかいったレベルではない)。啓一郎さんのヴァイオリン、娘さんの陽子さんのフルート。そして、こちらに住むようになって、啓子さんのグランドピアノもあるので、ピアノソロも(これがまた素晴らしい)。

120304concert.JPG

写真は、石井夫婦にお断りして、アンコール曲の一曲目、啓一郎さんがヴァイオリンを弾き始めていて、啓子さんがピアノを弾き始める数秒前を撮らせていただきました。

コンサート後は、1階で地元の人たちの協力によるおいしい食事と会話。庭の焚き火で温めた竹筒入りの日本酒も香り豊か。
本当に至福の時です。

庭に飾ってあったオブジェや、宏樹庵へのアプローチにおかれたキャンドルに火がともされ、美しい。かなり難しい条件ながら、一応写真撮影に挑戦(夜景を撮るときは、まだ明るさが残っているときから様子を見ながら撮影しないときれいに撮れません。まわりの暗さと明りの明るさの差が大きすぎるとカメラに写し取ることができないのです。でも今回は、その時間帯はコンサートを楽しんでいたので無理)。

酔っぱらっていて、手元が暗く、たいまつの煙に目が沁み、雨が降っていて、三脚もなく手持ちで、持って来ていたレンズは限られているという悪条件。という言い訳をしておきます。

120304koujyuanniwa.JPG

120304koujyuanhenomiti.JPG

同時開催の宏二郎さんの展覧会は11日までありますので、是非。
展覧会については、時間がないので今日か明日紹介したいと思います。



オリンパスOM−D E−M5 新製品体感イベント フォトフェスタ2012 in 広島

[2012年03月05日(Mon)]
何日か前に書いたオリンパスの新製品の体感イベントに、仕事と用事の合間を縫って参加してきました。

予想以上に好印象。

参加者限定のオリジナルグッズ〔Tシャツと、OM−1のレンズ交換式(50ミリF1.4と100ミリF2?)ミニチュアカメラのついた携帯ストラップ〕もしっかりもらってしまいました。

120303ompresent.JPG

120303OM-1miniature.JPG

考えてみると、私は、人を撮るとき、ちょっと気を使うことがあります。あんまり安っぽい簡単カメラだと失礼な感じがするけど、かといってたいそうすぎるカメラでも威圧感があって、などと。

その点、OM−D E−M5は、適度にコンパクトで高級感があって、失礼でなくていいかなあと感じました。

以前はもう少し小さければ、なんて書きましたが、実際に触ってみて、適度な小ささかも。

会場には、カットモデルも飾ってあったので、撮ってみました。よく見るとファインダーにもレンズがあるんですね、意外でした(私の認識不足?)。液晶ビューファインダーにはレンズはないのかと思い込んでいました。

120303OM-Dcutmodel.JPG

携帯ストラップを実際に携帯に付けてみました。すでに付けているオリンパスの会員更新時にもらった、オリンパスペンのチャームとのツーショット。OM−1のレンズにPENのチャームがうつり込んでいます。

120303OMPEN.JPG

そして、12〜50ミリのレンズを付けたOM−D E−M5。

120303OM-D.JPG

会場にはレンズバーと言って、レンズを自分のカメラに付けて試すことのできるコーナーもあったので、触ってみたかった12 ミリF2と45ミリF1.8を付けてみました。ともに、思った以上に小さくて好印象。ただ、私的には、カバンなどに入れたときに少しでもかさばらないほうが嬉しい(さっき書いた人に威圧感を与えないという意味でも小さくて薄いのが望ましい)ので、明るくなくてもいいので、パンケーキレンズが希望であることをその場のオリンパスの人に、言っても仕方ないかもと言いながら言ってみました。営業部門なので、そういうお客さんの声も上げるようにしています、とのこと。是非お願いします。

実は、私、すでに予約を入れてしまっています。実機に触って予想以上でほっとしています。


| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ