• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1352_人肌発芽の現状240411

[2024年04月12日(Fri)]
今年も3月11日にはじめた人肌発芽による育苗。

まずミニトマト8種からはじめて、ピーマン、カボチャ、スイカと発芽するたびに育苗ポットにタネ蒔きしていき、全部発芽したら新しいタネを温めはじめて、1か月経過した4月11日の段階で170粒くらい発芽しています。

240411人肌発芽状況01.JPG

最初に人肌発芽を始めたのは5種50粒のミニトマトで、一番成長している苗はこんな感じです。

本葉が3枚くらい出ていて、定植する成長具合の目安の7、8枚になるのももう少しで、また、露地栽培では、最低気温が10度を下らないというのが目安と言われているので、ちょうどいいタイミング(4月下旬)になりそうです。

240411人肌発芽状況02.JPG

3月22日に人肌発芽を始めた南瓜(カボチャ:ロロンという品種)と、3月30日に始めた小玉西瓜(こだまスイカ:紅しずく)も、順調に育っています。

240411人肌発芽状況03.JPG

今のところ、明らかに発芽が遅れて発芽しないかもしれないタネが3粒で、人肌発芽は発芽率がとても高いということがわかると思います。その上、タネを一粒ずつ育苗ポットに入れていくので、途中で侵入してくる蛞蝓(ナメクジ)に食べられてしまったり、虫に食べられたりとダメになってしまう苗が若干あるものの、ある意味とても効率のいい育苗方法なのです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1351_薹(とう)立ち芽キャベツはもう少し収穫できそうです240402

[2024年04月10日(Wed)]
ブロッコリーとスティックセニョール(細長くなるブロッコリー)とほぼ同時に育て始める芽キャベツ。

今年はブロッコリーなどより早めに薹(とう)立ちしはじめました。

240402薹立ち芽キャベツ01.JPG

240402薹立ち芽キャベツ02.JPG

葉や根を食べる野菜は薹立ちしてしまうと、虫たちに気づいてもらえるよう、より高いところに花を咲かせるため、全体が硬くなって食べられなくなるのですが、芽キャベツは、結球した小さな脇芽を食べるので、もう少し収穫できそうです。

最初にあげた写真よりわかりやすいのはこちら。

花の部分と、

240402薹立ち芽キャベツ03.JPG

生えてくる食べる部分(脇芽)が見える根元。

240402薹立ち芽キャベツ04.JPG

ちなみに、ブロッコリーはまだあまり花が咲いていませんので何とか収穫できていますが、ブロッコリーの細長い品種のスティックセニョールはどんどん花が咲き始めています(咲き始めなら食べることはできます)。


240409スティックセニョール01.JPG

240409スティックセニョール02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1350_かわいい出来の遅蒔き大根(ダイコン)240402

[2024年04月07日(Sun)]
大根や小松菜(コマツナ)などはあまり早い時期にタネ蒔きすると、虫がつきやすいので例年遅めの10月に入ってタネ蒔きしますが、さらに遅く蒔いてどれくらい育つか試したりしています。

240402遅蒔き大根01.JPG

昨年も11月に入って、部分的に蒔いたところが、草取りを中途半端にしていたら、仏の座(ホトケノザ)などの草たちが結構生えてきていて、草むらになっています。

でも、早く蒔いたところは一通り収穫し終えて、残りが薹立ちしてしまっているのに、こちらはまだなので、収穫してみることに。

240402遅蒔き大根02.JPG

なんだかかわいい蕪(カブ)のような感じの出来で、十分食べることができます。

これが、成功と言えるのかどうかはわかりませんけど。

240402遅蒔き大根03.JPG

掘り残しておいた里芋と同時に収穫しました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1349_人参(ニンジン)の最後の収穫と新芽240331

[2024年04月04日(Thu)]
3月中旬にタネ蒔きした人参。

たまたま隣に昨年9月にタネ蒔きをした人参の畝があって、少しずつ収穫して使っていたのですが、薹(とう)が立ちそうなので、花を楽しむための株を3つ残してあとは全部収穫することにしました。

240331人参01.JPG

240331人参02.JPG

240331人参04.JPG

薹立ちしなければもうしばらく収穫できるのですが、薹立ちすると硬くなって食べられなくなってしまうので。

そして、タネ蒔き後に寒かったため、少し遅めにようやく草たちの芽の合間に芽がではじめました(真ん中のが人参の芽です)。

240331人参03.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1348_絹莢豌豆(キヌサヤエンドウ)とスナップ豌豆(エンドウ)実が大きくなってきました240331

[2024年04月03日(Wed)]
例年11月初旬にタネ蒔きをする絹莢豌豆とスナップ豌豆。

背も伸びてきて、いよいよ収穫の時期が近づいてきました。

240331絹サヤ・スナップ03.JPG

莢の大きくなったものもチラホラ。


240331絹サヤ・スナップ02.JPG

240331絹サヤ・スナップ01.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1347_山椒の新芽と山椒の苗240330

[2024年04月02日(Tue)]
庭に勝手に生えてきた山椒。とげが鋭くて、大きくなりすぎても困るので大胆に剪定しています。

このところの暖かさで芽が出てきました。出始めをあまりちゃんと観察したことがなかったのですが、やはりかわいい。

240330山椒の新芽01.JPG

240330山椒の新芽02.JPG

240330山椒の新芽03.JPG

そして、昨年はじめてこの木に実がついて、そのタネを11月に育苗ポットに蒔いていたら、2月になってようやく芽が出てきて、現在はこんな感じに育っています。


240331山椒苗.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1346_アスパラガスの新芽みっけ240319

[2024年03月24日(Sun)]
はたけをしていると、季節を感じることが数えきれないくらいあってきりがありません。

というか、季節とともにあるということが身近に感じられるわけですが、とりわけ春は、やはりうれしくなることが多いです。

宿根性のアスパラガスは何年も同じ場所で新芽を出してくれます。

240319アスパラガスの新芽.JPG

今年も、枯れた昨年の株間から、出てきたのを発見。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1345_今年も野良生えの菜の花などに和蜂(わばち)がやってきました240316

[2024年03月20日(Wed)]
菜の花系の植物は野生でもたくさんいるので、毎年育てている小松菜(コマツナ)や大根(ダイコン)や蕪(カブ)などと交配してか、毎年秋から菜の花系の植物がはたけのそこここに生えてきます。

それを適当に残しておくと、この時期になると一斉に黄色い明るい花を咲かせ始めます。

すると、どこからともなく和蜂がやってきます。

これが、私が借りているはたけの春の風物詩になっていて(いや、勝手に私が言っているだけです)、楽しみになっているので、今年も少しだけお裾分けを。

240316菜の花に和蜂01.JPG

菜の花に近づくと、ワーンという羽音に包まれる感じが好きです。録画の音では、その感じを伝えることはできません。


240316菜の花に和蜂02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1344_人参(ニンジン)のタネ蒔き240314

[2024年03月17日(Sun)]
例年、植える場所を変えながら3月と9月にタネ蒔きを行っています。

今回は、たまたま昨年9月に植えた場所の隣にはたけを作って植えることに。

240310人参のはたけ01.JPG

少しずつ収穫するので、まだ何本も残っています。近づいてみるとこんな感じで、まだ寒いので、ロゼッタ状に地面に近いところに葉が広がっていますが、根元を見ると大きな株になっているのがわかります。

240310人参のはたけ02.JPG

タイミング的には、人肌発芽と同じ3月11日に始めようかと思ったものの、人肌発芽は定温ですので、3月上旬であればある程度いつでもいいですが、その時は結構寒かったので、少しずらしてタネ蒔きしました。


240314人参のタネ蒔き.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1343_今年も3月11日から人肌発芽をはじめました

[2024年03月15日(Fri)]
10年以上前から毎年3月に行っている人肌発芽(「人肌発芽」については、普通にググると6年前の2018年に私が書いたまとめ記事が出てくると思います)による夏野菜の育苗。

2021年から新しい生命を育みはじめるのにふさわしい日ではないかと思い、3月11日を開始日にしています。

まずは、ミニトマトから。今年は、いつものいろんな品種に加えて、昨年周防大島の宮田農園から分けてもらったシンディ・スイートという品種を甘さにこだわって7代タネ採りを続けたタネで育てたミニトマトから採ったタネを含めて8種を育ててみることにしました。

240311人肌発芽開始01.JPG

水に浸したキッチンペーパーの中にタネをくるんで、シール付きビニール袋に入れて、おなかの位置に来るようにした袋に入れてお風呂の時以外は温め続けて発芽させ、発芽したものから育苗ポットに移して育てていくので、2か月くらいはずっと5種類ずつくらいのタネをおなかに抱えた状態になります。

240311人肌発芽開始02.JPG

240311人肌発芽開始03.JPG

240311人肌発芽開始04.JPG

これから、ピーマンや南瓜(カボチャ)、西瓜(スイカ)、胡瓜(キュウリ)などのタネを順次入れ替えていきます。

そして、丸2日後の3月13日の朝に、最初の芽が出てきました。

240313人肌発芽01.JPG

240313人肌発芽03.JPG

240313人肌発芽02.JPG

早速、育苗ポットに移し替えて、半透明の衣装ケースに入れ、これから昼間は日の当たる軒下に、夕方から玄関の中にしまって、1か月半くらいで定植できるくらいの苗に育ちます。

ちなみに、13日の夕方にはさらに12粒が発芽、そして14日の朝には10粒発芽して、温め始めた50粒の半分の25粒が発芽しました。

240314人肌発芽01.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ