CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

宏二郎展 in 宏樹庵

[2012年03月06日(Tue)]
◆2012年3月4日〜11日(日) 午前10時〜午後5時
◆宏樹庵(岩国市黒磯町2−70−36、岩国国病上、特別養護施設灘海園そば)


120304koujirouten.JPG

ヴァイオリニスト石井啓一郎さんの息子さんである(こういう言い方は、失礼なのかもしれませんが、今回は啓一郎さんのお宅での展覧会なのでご容赦いただくとして)宏二郎さんの絵画展が、宏樹庵で開催されています。

私は初日の宏樹庵ディナーコンサートの始まる前に鑑賞させていただきました。

私は彼の作品が結構好きです。

コンサートにしても、絵画にしても直(じか)に触れないとわからないと思っていますし、事前にあまり知ってしまうと、そういう観方しかできない場合があっていけないなあ、と思いながら、これを読んだ人が少しでも観てみようかという気持ちになってくれれば、と言う意味で少しだけ書いてみます。

まずは、チラシに書かれた宏二郎さんの言葉を引用します。

火群
つながること、へだたること、
美しいこと、醜いこと、
生きていくこと、死んでいることー。
孤独や悲しみも、歓びや安らぎも、
すべてがどうしようもなくそこにある。
すべてをもたらし、すべてを呑み込み、
すべてを包む、この空と大地にいだかれてー。
生きとし生けるものが共に今、
この途方もない世界の中で、
限りある命の灯を揺らしながら、
ただひたむきに、
そこにあること。
そこにること、
ここにいることー。

宏二郎さんの作品は、2010年3月6日に一度観たきり(ブログに書いておくとそういうことがわかるのが便利です)で、今回は2回目。

前回も感じたのですが、私たちがここに(そこに)いることや、あることのはかなさのようなものがテーマとして感じられる作品群。

そして、今回のチラシにも使われている作品が、その一つの結実点のように感じました。

そこにいた宏二郎さんにうかがったところ、この作品は、震災の少し前から取り組んでいて、偶然にも震災があり、その中で完成したものだとのこと。宏二郎さんが追い続けていたテーマが、何のめぐり合せか、大きな出来事によって一つの結実点を迎えてしまった。

再び3月11日を迎える今だからこそ、この作品は必見です。

作品に直に接し、その人なりに何かを感じることによって、観た人の中の何かが変わる。そしてそのことによって作品も作家も変わっていく。そういう力が、芸術の中にはあると、私は思います。

もちろんたった一つのテーマでも終わりはありませんが、一つの結実点を迎えた彼の作品が今後どういう展開を魅せてくれるのか楽しみです。

たった2回しか観ていないのに勝手なことを書いて、申し訳ありません。

宏樹庵の場所は若干わかりにくいですが、展覧会期間中は会場近くになれば、小さな案内板が出ていると思います。

ちなみに、石井啓一郎さんと啓子さんの名前から取ったお二人の後援会「啓&啓倶楽部」のホームページがあります。お二人の情報がわかるとともに、宏二郎さんのホームページにもリンクがはられているので、ご覧いただければさらに詳しい情報を見ることができます。



コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ