• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1385_芋づる植え240608

[2024年06月12日(Wed)]
今年も芋づる植えの時期がやってきました。

冬に知り合いの土地を借りて行う焚き火遊びの時の焼き芋用の薩摩芋(サツマイモ)を育てるのが主な目的。

通常裏作として育てている玉葱(タマネギ)が、どうも病気にやられて、その病原菌が残っているためか、最近出来が悪かったので早生(わせ)玉葱を少しだけ育てて、あとは穴の開いていない黒マルチを敷いていたので、当日の朝、早めにはたけに行って、軽く草取りをして準備完了。

240608芋づる植え01.JPG

今回は、笹竹で斜め45度の穴をあけ、そこに水を入れて芋づるを差し込み、埋めてやるという方法で植えていきました。

240608芋づる植え02.JPG

集まった子どもたちは、親に手助けをしてもらいながら根気よく植えてくれました。

240608芋づる植え06.JPG

ひたすらジョロで水をあげる子や、根付くまで最初は日差しが強すぎるとしおれてしまうので、枕というか座布団として枯草を敷いてやるといいよと伝えると、はたけの隅に積んで枯れている去年の薩摩芋を収穫したときの芋づるを取ってきては、敷いてくれる子どもがいたりと、それぞれの個性を生かして活躍していたのが印象的でした。

240608芋づる植え07.JPG

ちょうど当日の夜から翌日にかけて、梅雨になりかけで雨が降ってくれたので、あとは水やりしなくてもよいのではないかと思っています。理想的なパターンです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ