• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1352_人肌発芽の現状240411

[2024年04月12日(Fri)]
今年も3月11日にはじめた人肌発芽による育苗。

まずミニトマト8種からはじめて、ピーマン、カボチャ、スイカと発芽するたびに育苗ポットにタネ蒔きしていき、全部発芽したら新しいタネを温めはじめて、1か月経過した4月11日の段階で170粒くらい発芽しています。

240411人肌発芽状況01.JPG

最初に人肌発芽を始めたのは5種50粒のミニトマトで、一番成長している苗はこんな感じです。

本葉が3枚くらい出ていて、定植する成長具合の目安の7、8枚になるのももう少しで、また、露地栽培では、最低気温が10度を下らないというのが目安と言われているので、ちょうどいいタイミング(4月下旬)になりそうです。

240411人肌発芽状況02.JPG

3月22日に人肌発芽を始めた南瓜(カボチャ:ロロンという品種)と、3月30日に始めた小玉西瓜(こだまスイカ:紅しずく)も、順調に育っています。

240411人肌発芽状況03.JPG

今のところ、明らかに発芽が遅れて発芽しないかもしれないタネが3粒で、人肌発芽は発芽率がとても高いということがわかると思います。その上、タネを一粒ずつ育苗ポットに入れていくので、途中で侵入してくる蛞蝓(ナメクジ)に食べられてしまったり、虫に食べられたりとダメになってしまう苗が若干あるものの、ある意味とても効率のいい育苗方法なのです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ