• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1306_スナップ豌豆(エンドウ)と絹莢(キヌサヤ)豌豆のタネ蒔き231103〜

[2023年11月12日(Sun)]
例年では、スナップ豌豆や絹莢豌豆のタネ蒔きをする11月初旬がやってきたので、あらかじめ畝立てをしていたはたけにタネ蒔きを行ったのですが、このところの日照り続きではたけがかなり乾き気味だったので、いつもより余計にタネを蒔くところを移植ゴテで少し穴をあけて水を浸み込ませる作業を念入り(先端を取り除いたジョロで10回くらい水をためて浸み込ませることを繰り返した)に行いました。

とは言え、11月にしては暖かすぎる気候が続いていたので、育ちすぎて大きな状態で冬を越させるのもかわいそうだと思ってしまい、もう少し後にタネ蒔きするスペースを残しておきました。

と言いながら、直後に雨とともに寒波がやってきたので、4日後の11月7日に、予定していた残りのタネ蒔きをしました。

この数日の差が、影響をもたらすかはよくわかりませんが、とりあえず最初に蒔いたタネが6日後の9日に地上にあらわれ始めました。

231109スナップ・絹サヤ新芽01.JPG

翌日の10日には、頭をもたげてきました。冬の間は地上部はあまり育ちすぎずに、根をしっかり張ってほしいものです。

231110絹サヤ・スナップ.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ