• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

57『夢みる公立校長先生』2023横川シネマにて45

[2023年08月19日(Sat)]
『夢みる公立校長先生』
(監督:オオタ ヴィン、ナレーション:小泉今日子、出演:尾木直樹、前川喜平、國分一哉、西郷孝彦、住田昌治、原田真一、宮崎倉太郎、福田弘彦、52分、2023年、日本ドキュメンタリー映画)

2308夢みる公立校長先生.JPG

2023年、映画鑑賞57作品目にして、劇場での鑑賞45作品目。

宿題がない、テストがない、「先生」がいないなどの特徴で、30年前から「体験学習」を中心とした教育を全国数か所で行っている「きのくに子どもの村学園」を中心に、その学校での子どもたちの学びについて取り上げた『夢みる小学校』という映画の中でも紹介されている、ユニークな公立学校の校長先生の活躍を取り上げた、スピンオフ映画。

通知表を廃止したり、校則や宿題をゼロにしたり、時間割をなくしてしまったいくつかの公立の小中学校についてその校長先生の活躍や発言を中心に構成した作品。

学校では、校長先生の権限がかなり強いので、校長先生の考え方や取り組み次第で(もちろん保護者の理解は不可欠)、こんなにも子ども中心の教育を行うことができるという実例をまざまざと見せつけられる。

校長先生であっても、やはり、普通は横並びのほかの学校のことが気になるはずですが、そんなことを気にしさえしなければ自分の及ぶ権限内でいくらでもやれることはあると勇気を与えられる。

ちなみに、岩国市の北部、美和町でこの映画のもととなった『夢みる小学校』の自主上映会と体験型イベントを、2023年10月15日(日)を中心に開催すべく、クラウドファンディングが立ち上がっています(私も賛同しました。応募期間は8月31日まで)。
詳しくは、「夢みる小学校 キャンプファイア 岩国市美和町」などで検索すればサイトが出てきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ