• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『反戦川柳人 鶴彬の獄死』

[2023年07月19日(Wed)]
『反戦川柳人 鶴彬の獄死』
(佐高信著、2023年、集英社新書)

2307反戦川柳人 鶴彬の獄死.JPG

先日行われた、松元ヒロソロライブで紹介されていた本。

1909年に生まれ、治安維持法違反で捕らえられ、1938年に29歳の若さで獄死した川柳人鶴彬(つるあきら、本名:喜多一二(きたかつじ))さんについての論考。

忘れられていた鶴さんを後世に残そうと全集を編んだ人や、影響を及ぼした川柳人、当時反戦を訴えた人などについての鶴さんの考え方など、多方面から取り上げているので、逆に本人のことが若干わかりにくくなっているのは、最後のほうで著者が、もともと鶴彬さんについて書くつもりではなく、当時の俳句や短歌の巨人の戦争責任についてまとめようとしていたのだと書いていることとも関係するのでしょう。

今日で川柳といえば、サラリーマン川柳などのような日々の暮らしについての皮肉を表現したものというイメージがあるのですが、時代に対する痛烈な批判を表現する手段として使われていたことは記憶にとどめたいと思いました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:川柳 鶴彬

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ