• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1196_地味な人参(ニンジン)の草取り230404

[2023年04月10日(Mon)]
せり科の野菜(人参やセロリ、パクチー、三つ葉など)は一般に成長がとても遅い。特にセロリはとても遅いのですが、今回の話は人参です。

3月11日にタネ蒔きしたので、3週間経過したところですが、蒔いた当初にいい感じで雨が降ってくれたのでそれほど水もまかずにしっかり成長してくれているとは言え、この状態。

仏の座(ホトケノザ)をメインに、草たちもたくさん生えてきていて、埋もれそうになってきています。

230404ニンジン草取り01.JPG

というわけで、草取りをしました。苗も草もとても小さいので、なかなか地味な作業。

230404ニンジン草取り02.JPG

これくらい抜くといい感じかな。

一気に全部を終えることはできないので、少しずつやっていきます。

数日後の4月9日には、本葉も出てきました。

230409ニンジン01.JPG

230409ニンジン02.JPG

タネの蒔き方がいい加減なので、芽の出方がまばらで、心なしか密になっているところのほうが大きくなっているような。

せり科の植物は、タネがたくさんできて、小さいときは(ダジャレのように)競り合って育つとよく言われます。

230409ニンジン03.JPG

実際にそのような印象も受けます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ