• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

49『教育と愛国』2022横川シネマにて24

[2022年08月07日(Sun)]
『教育と愛国』
(監督:斉加尚代、語り:井浦新、107分、2022年、日本ドキュメンタリー映画)

2207教育と愛国.JPG

2022年、映画鑑賞49作品目にして、劇場での鑑賞24作品目。

道徳が正式な教科になったり、閣議決定で教科書に使われる用語が規制されたり、このところの教科書を巡るきな臭い動きを追いかけたドキュメンタリー映画。

もともとはテレビ番組として制作されたものを、追加取材なども加えて劇場版として再編集したもののようです。

一番印象に残ったのは、工夫した授業を実践している教師たちが加わって、できるだけ生徒たちに主体的に考えてもらえるように新たに作られた歴史教科書(検定に通っている)を採用している学校に対して、同じ文面の抗議はがきが送られたためか、授業の様子の取材を断られたことについて触れた部分。

はがきはほとんど匿名であったなか、記名のあった人にはがきを送った考えについて取材したところ、当初ほとんど出したことを覚えていなくて、そのうち思い出したのは、ある尊敬する人から言われていろんなところに何枚も出しただけといったコメント。中身をほとんど知らずにやっているのに、それが脅しとして効果を発揮しているという、やっている人の軽すぎる動機と、その結果の重みのギャップ。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ