• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1064_はたけを作ってしばらく置いておくと生えてくる草たちの中に

[2022年05月30日(Mon)]
冬の間に休ませておいたはたけを徐々に植えることができる状態にしていて、かなり完成に近づきつつあるところです。

一部、早めにはたけづくりを終えたところは、すでに草が結構生えつつあります。そういう場所は、草取りをするわけですが、前の年に植えていた野菜がこぼれだけから芽生えていることがあります。

実を食べるものは一代交配(いわゆるF1品種と呼ばれるもので、タネからは同じものができるわけではない)のものが多いので、ほとんど使わない(何が出てくるのか楽しみ、と使ってしまうこともあります)のですが、モロヘイヤやバジル、食用鬼灯(ほおずき)など、葉を使うものや一代交配ではなさそうなものは、苗として植え替えたりして使うことがあります。

220518草の中のバジルや食用ホオズキ.JPG

観察しながら草取りをしていると、意外とそういった実生苗(みしょうなえ)を見かけます。

上の写真の中に、バジルと食用鬼灯があって草を取るとよくわかります。右がバジル、左が食用鬼灯です。

220519草の中のバジルや食用ホオズキ.JPG

見つけるとなんだか得をした気分になって楽しい。

ちなみに、後日バジルは端っこの空きスペースに植え直しました。

220526バジルのひこばえ苗定植01.JPG

こちらの手前に植えているのは、近所の人がくれた九条葱(くじょうネギ)の苗。


220526バジルのひこばえ苗定植02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ