CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

853_つくね芋の種芋の準備2021

[2021年05月06日(Thu)]
コロナ禍2年目のゴールデンウイークは今年も基本は、はたけ三昧。

いつものようにつくね芋の種芋の準備もしました。

まず、種芋用に一個一個新聞紙で包み、段ボールに入れて押し入れで保存していたものを取り出します。毎年感じてはいたのですが、今年とりわけ感じたのは、包まれた段階の持った感触で、大きさにかかわらず、ダメになっているのは軽やかになっていてわかる確率が高いのです。

210502つくね芋種芋01.JPG

取り出してみると、こんな感じで干からびてしまっています(今年は、天候の具合か、いつもよりダメになっているのが多かった)。

210502つくね芋種芋02.JPG

ちゃんと生きているのは、もうこの時期には芽が出始めています。大きすぎるのは、包丁で切り分けて、殺菌と乾燥のため切り口に草木灰をまぶして数日置いてから植えるので、次の土日に植えようと思っています。

210502つくね芋種芋03.JPG

紫つくね芋の大きな零余子(むかご)から出てきている紫の芽は、いつもながら美しくもかわいい。


210502つくね芋種芋04.JPG

210502つくね芋種芋05.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ