CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

849_初めて人肌発芽で育ててみたタネ2種(モロヘイヤとオクラ)

[2021年04月27日(Tue)]
これまでいろいろなタネを人肌発芽で発芽させていますが、暖かくなって直接タネ蒔きをするものや、根が大切であまり植え替えなどに適さないものなど、人肌発芽を試みていないものも幾種類かあります。

今回初めて試してみたのは、モロヘイヤと丸オクラの2種。

4月19日の朝にはじめて、20日の夕方、つまり1日半でこの状態。

丸オクラ(大きな丸いタネから豪快に根が出てきました)

210420丸オクラ01.JPG

210420丸オクラ02.JPG

モロヘイヤ(きれいな多面体のタネの辺が割れて根が出てきました)

210420モロヘイヤ01.JPG

210420モロヘイヤ02.JPG

オクラもモロヘイヤも例年もう少し暖かくなってからじか蒔きすることが多いので、まだ育て始めるには早いかなと思っていました。この野菜たちは逆に、温かさに敏感ということなのかもしれません。ウリ系の速さに匹敵する発芽速度です。

そして、人肌発芽で温め始めて6日後の、4月25日の育苗ポットでの状況。どんどん育ってます。

210425丸オクラ・モロヘイヤ.JPG

210425モロヘイヤ01.JPG

210425丸オクラ01.JPG

特に丸オクラは寒さに弱いので、朝晩の冷え込みに気を付けないと。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
村夏至
967_秋のミニトマト (10/11) チカリー
967_秋のミニトマト (10/10) 村夏至
965_今年の混植211002 (10/10) いーぐる
965_今年の混植211002 (10/10) 村夏至
『みんな自分らしくいるための はじめてのLGBT』 (10/06) いーぐる
『みんな自分らしくいるための はじめてのLGBT』 (10/05) 村夏至
952_韮(ニラ)の花盛り (09/13) いーぐる
952_韮(ニラ)の花盛り (09/13) 村夏至
952_韮(ニラ)の花盛り (09/13) いーぐる
952_韮(ニラ)の花盛り (09/12)
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ