CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

824_紫つくね芋は、やはり地中では冬を越せないことを確認

[2021年02月28日(Sun)]
昨年5月から、街中の裏庭のはたけを手伝っていることを書きました。

忙しい時期には毎週のように行っていたのですが、冬になってほとんど行ってなくて久々に、そろそろ次期に向けてはたけの整理に。ミニトマトの支柱をばらしたり、枯れているミニトマトや南瓜(カボチャ)、茄子(ナス)などを取り除きました(ルッコラと苣(チシャ)がまだ元気でした)。

210223ライブデポはたけ01.JPG

2個だけ植えた紫つくね芋を収穫しそびれて、地中に残したままになっていたのを思い出して掘り起こしてみたら、やはり変色して腐りかけていました(急遽植えたのであまり大きくもなっていなかった)。

210223ライブデポはたけ03.JPG

里芋(サトイモ)は春まで大丈夫なこともあるものの、寒さに弱そうな紫つくね芋は必ず収穫するので、実際に地中で冬を越させることがなかったため、結果としてダメだということがわかりました。

細長い自然薯は、2年かけて育てたりするみたいなので、冬を越すことができるようですが、つくね芋は少し南のほうの原産で寒さに弱いのでしょうか?


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:紫つくね芋

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ