CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『漁師さんの森づくり』

[2021年02月09日(Tue)]
『漁師さんの森づくり』(畠山重篤著、2000年、講談社)

201107猟師さんの森づくり.JPG

2000年に出版されて、2016年で15刷を重ねている本。

昨年(2020年)11月に、岩国のヒマールで開催された「around me〜私と世界〜vol.3テーマ「川」」のトークセッションで著者の畠山重篤さん(当日は、この本の編集者の小鮒さんとイラストレーターのカナヨ・スギヤマさんらも同行していたという豪華な布陣)から購入。

畠山さんが子どものころ、塩づくりや猟師をしていた親について行って海や山の自然を楽しんでた話から、父親がはじめて跡を継いだカキ養殖の話、「森は海の恋人」のキャッチフレーズの元、海の豊かさを保つために漁師たちが山に広葉樹の植林活動のこと、広葉樹の落ち葉でできた腐葉土が、海の植物性プランクトンに欠かせない鉄分を運ぶことに重要な役割をはたしている仕組みが解明された話、カキ養殖の盛んなフランスや、リアス式海岸で有名なスペインを訪ねた話など、魅力的なイラストとともに紹介されていて一気に読み進むことができました。

畠山さんの自然体の行動力の魅力が満載です。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ