CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『寡黙なる巨人』

[2021年02月06日(Sat)]
『寡黙なる巨人』(多田富雄著、2010年(原著は2007年)、集英社文庫)

2101寡黙なる巨人.JPG

まさに圧巻の記録・随想です。

免疫学者として著名で、活躍していた著者が、2001年に旅先で突然脳梗塞に倒れたのちの1年弱の闘病記録に、その後6年間の随想を加えたエッセイ集(2010年に亡くなっています)。

半身不随になって、言葉も話せなくなり、食事もままならない状態であった著者は、科学者としていったん死んだ神経細胞が再生することはないと知っているため、ある日、足指が一瞬動いたときに、これから体が動くとしたら、それは自分の中に新たな人間が生まれたことになるのだと認識し、それを「寡黙なる巨人」と呼び、その新たな人が生まれ育つことを大変なリハビリをこなしながらどこか覚めた目で見つめ続けます。

一方で、幸い思考することに関して支障がなかった著者は、使ったことのなかったワープロを指一本で使えるようになり、これまで以上に感じた生きる喜びを語り、理不尽な医療制度改正に怒り、また、芸術文化にも造詣が深く、新作能まで手掛けており、一気に読ませます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ