CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『日本習合論』

[2021年01月09日(Sat)]
『日本習合論』(内田樹著、2020年、ミシマ社)

2011日本習合論.JPG

習合という言葉は、神仏習合という日本において長い間神道と仏教が共存していた状態であったことを指すときに主に使われるようです。内田さんは、「神仏習合は雑種文化の典型的な事例である」という仮説のもとに、明治維新の時期にそれまで千年以上続いた宗教的伝統であったものが、政令一本でいとも簡単に「神仏分離」が実現し、さらには「廃仏」にまで拡大解釈されてしまった謎について説き起こしながら、土着のものと外来のものが習合していることが「ふつう」であり、複雑なものを複雑なまま受け入れる大切さ、面白さについて語りかけてくれます。

個人的には、私もその場で聴いた2015年に周防大島で行われた内田さんの講演が、第三章「農業と習合」に収められていて懐かしかった(内容は結構忘れてた)のと、第六章「仕事の概念を拡大する」の中に、引きこもりの人に限界集落の家の守をお願いするというアイデアが特に印象に残りました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ