CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『料理と利他』

[2021年01月03日(Sun)]
『料理と利他』(土井善晴・中島岳志著、2020年、ミシマ社)

2101料理と利他.JPG

ミシマ社が2020年5月からスタートしたオンラインイベント、「MSLive!」を、書籍化した「MSLive! BOOKS」シリーズの一冊。

料理人の土井さんは、テレビで時々見かけて面白いこと言っているなあと思っていたし、愛聴している森田真生・生命ラジオでも取り上げられていたので思わず購入。

これ、単純に面白いです。私自身が料理が好きだからということもあるのでしょうが、土井さんの料理に対する考え方が、その背景にある自然観とか、人間と自然とのかかわりとかが共感できるからなんでしょう。

プロの料理人を目指して家庭料理を下にみていた土井さんが、「淡々と真面目に仕事をすること、自分が生活するということで、美しいものはあとからついてくる」といった河井寛次郎さんらによる民藝(運動)に出会って家庭料理は民藝だと思ったこと、ハレ(非日常)とケハレ(日常)の料理やそれを盛る器や盛り方の違いなどいちいちうなずいてしまう。

中には、日本料理には「混ぜる」という考え方があまりなくて、基本は「和える」(均質になるまで混ぜてしまうのではなく、美しいハーモニーを出しているところでやめることで、いろんあ味わいが楽しめるし、無駄な水分が出たりしなくて雑菌が繁殖しにくい)のだということなど、あまり考えたことのなかったことも語られていて、ちょっと、料理に対する考え方が変わったりもしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ