CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『縁食論―孤食と共食のあいだ』

[2021年01月01日(Fri)]
『縁食論―孤食と共食のあいだ』
(藤原辰史著、2020年、ミシマ社)

2012縁食論.JPG

それぞれが一人で食べる孤食と、ガチガチのコミュニティの中で一緒に食べる共食の間に、もう少しカジュアルな形で縁食というものが考えられないかという考えなのかな。

より根本的には、都会的な個々別々の人間関係の在り方と、田舎的なちょっとめんどくさいそれとの間の、クールな面も持ち合わせたコミュニティの在り方の食に関した提言ということができるのだと思います。

その中で、現在の子ども食堂の取り組みや、恐慌時などに世界中で取り組まれた施策としての公衆食堂の取り組みなども紹介しながら、(すべての人に最低限の賃金の保障をする)ベーシックインカムならぬ、ベーシック・フード・サービスというものについて「私たちは、食べものが無料であるという社会を非現実的だといいつつ、食べものが廃棄可能である社会の現実をあたりまえのこととして受け入れているという、風変わりな考え方と習慣を持ったエイリアンなのである」と鋭く突っ込みながら、いろいろと大胆な提言もしています(全体的にはすぐには無理でも、共通理解を図ることができる地域での学校給食からでもはじめてはという具体案も)。

最後の章の、「縁食人文学」の中で、生命がお互いに支え合っていることを「もれ」というキーワードで書いているのも、農業史・食の思想史の専門家としての著者ならではという感じで面白い。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ