CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

808_縞綱麻(シマツナソ)=モロヘイヤ

[2020年12月13日(Sun)]
今年に入って、モロヘイヤの別名が縞綱麻であり、ジュートの原料になるということを知ったので、編み物をする知り合いに話してみたら、がぜん興味を持ってくれて、収穫が終わって秋に落葉したモロヘイヤを数本根こそぎあげました。

すると、最近報告が。

まず、乾燥させて、皮を剥き、

縞綱麻から糸01.jpg

三日ほど水に浸しておいたものを、5ミリ幅くらいのテープ状に裂いて、

縞綱麻から糸02.jpg

まとめて、アルカリ溶液(重曹をつかったそうです)で煮ます。煮る時間は、諸説あるようです。

縞綱麻から糸03.jpg

すると、ずるずると皮が取れていって、流水でじゃぶじゃぶするとピカピカの繊維が。

縞綱麻から糸04.jpg

縞綱麻から糸06.jpg

それを指先でひたすら縒っていくと、細縄のできあがり。

縞綱麻から糸07.jpg

縞綱麻から糸08.jpg

ちなみに、次の写真は苧麻という草からとった繊維でつくったものですが、こういったものを作ってみようと考えているそうです。

縞綱麻から糸09.jpg

すごい!
持つべきものは知り合いだと本当に思います。自分ひとりじゃ、モロヘイヤの幹から繊維が取れると知っても、何も起こっていなかったでしょうから。

さらに、はたけに残っていたモロヘイヤを軽トラで持っていきました。あまり上に伸びすぎると収穫しにくくなるので、上の方は摘んでいくのですが、それでも背の高さよりも高くなって、軽トラの荷台に斜めに入れてジャストサイズ。

201212モロヘイヤ01.JPG

201212モロヘイヤ02.JPG

1本だけ特別によく成長したモロヘイヤはタネ取り用にもう少し置いておきます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ