CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

森田真生・生命ラジオ フリーアワー201126

[2020年12月07日(Mon)]
2020年11月から、周防大島の「寄り道バザール」が主催し、中村明珍さんが聞き役となり、若き独立研究者 森田真生さんの、今の時代の生き方について考えていることなどに関するお話の音声配信を、週一回午前中1時間、インターネット経由で行うようになった生命ラジオ(私は朝聞けないので、ホームページ上に残してあるアーカイブを後で聞いています)。

最終週には、音声配信と別時間(今回は夜の19時から21時でした)にフリーアワーと称してzoomを使って、視聴者の交流を行いました。多いときは30人くらいの参加があり、日ごろは音声を聞くだけの人同士が、オンラインとはいえ一堂に会す初めての場。

森田さんと中村さんがメインにおしゃべりしながらも、顔出しOKの人はお互い顔を見ながら、そして何人かの参加者に直接ラジオの感想や日頃考えていることなどを話してもらいながらなごやかな2時間が過ぎていきました。

共通の話を聞いているもの同士ということでちょっと親近感があるのが面白い。

月単位で参加者を募集する形になっているので、12月は3日からラジオ配信が始まっていて、土曜日にご飯を食べながらアーカイブを聴いたところです。12月ということもあって、今年の森田さんの心境の変化や活動をおさらいしていたりする話もあるので、12月から聞き始めるのもいいかも。興味のある方は、「寄り道バザール」のホームページで、申し込み方法や参加費などが分かるようになっています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ