CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「宏二郎 絵画展 巡回展−あわいに立ちて−」を鑑賞してきた201121・23

[2020年11月25日(Wed)]
3連休の初日と最後の日に、別グループで宏二郎絵画展を鑑賞してきました。幸い両日とも良い天気。

今回は、幸明館だけの比較的こじんまりとした展示ですが、逆にじっくり鑑賞できるという面も。大竹和紙を、身近な土で染めて、さらに土を絵の具的につかった作品など新しい素材に挑戦した作品もあります。

さらに、地元のimm coffee & roasteryと昭和堂さんに特別に考えてもらったブレンドコーヒー(あめつちブレンド)とお菓子(銘:天壌(てんじょう=あめつちと同様、天と地という意味)を展示空間の中で作品とともに楽しむことができました。

21日は、ちょっと上から下を見下ろす感じで展示の様子を撮影させてもらいました。

201121宏二郎展01ブログ.JPG

201121宏二郎展02ブログ.JPG

普通に水平にみるとこんな感じ。

201121宏二郎展03ブログ.JPG

そして、コーヒーとお菓子を、最初後ろの作品にピントを合わせてぼかしてからの、

201121宏二郎展04ブログ.JPG

前ピン。

201121宏二郎展05ブログ.JPG

本物の柿の葉をお皿に、土にと葉っぱに見立てた外観のお菓子と、心なしか土の雰囲気の香るコーヒー。

23日は、天井と足元から自然光を取り入れている展示空間であることを表現したくて、下から見上げる形で。

201123宏二郎展01 ブログ.JPG

201123宏二郎展02 ブログ.JPG

そして、21日同様の後ピン、前ピンのお菓子とコーヒー。

201123宏二郎展04 ブログ.JPG

201123宏二郎展05 ブログ.JPG

お菓子が、寒さが進むこの季節の気候の変化に合わせて、土色がより濃く、霜に見立てたものがちらほらまぶされていました。

さらに、私は気づかなかったのですが、会期中少しずつ描き足している作品があるそうです。

刻一刻と少しずつ変化していくあわいの中にある作品たち。会期は残りわずか(29日まで)です。事前予約制で、混み合うと鑑賞できませんので、必ず事前連絡を。

絵葉書や、今回の展示作を使った栞(しおり)、あめつちブレンドのコーヒーバックなどのちょっとしたお土産も用意されています。

流竹に藍でグラデーション彩色して、蝋燭を描いたもの。


201123宏二郎展03 ブログ.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ