CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「日米アート交流in光明寺 灯」に参加してきた201103

[2020年11月13日(Fri)]
大竹市の由緒ある光明寺の本堂と境内をメイン会場に、日米のアーティストが文化交流をしようと開催されているイベント。今回はコロナ禍のため、人数限定で開催。

最初に住職の挨拶などもあり、落ち着いた雰囲気の会場は、やはり、お寺がもともと人が集うために作られた施設だからというのもあるのでしょう。アクセサリーや絵画、書、織り、編み、苔玉、工芸、ガラスなどの作家が集まって、それぞれの作品を広げ、思い思いに交流をしていました。

『千と千尋の神隠し』の主題歌の伴奏に使われたライアー(椅子に座って腿の上にのせて抱えて演奏できる小さな竪琴)を演奏する人も参加していて、癒し系の音楽を楽しませてもらい、(実物を見聴きするのははじめてでした)。私も、ハングと鼻笛を持って行っていたので、少しだけコラボさせてもらいました(というか、合わせてくれました)。

コーヒーや豚汁、焼きそば、焼き芋などのフードコーナーもあり、穏やかな天気に恵まれ、久々の人や、初めての人といろいろ話しながら、ほっこりとした時間は過ぎていくのでした。

話をしたりして楽しみすぎたので、写真は撮っていません(当日の様子は、イベントのフェイスブックなどで見ることができます)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:光明寺

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ