CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

782_韮(ニラ)の花に集う虫たち

[2020年09月11日(Fri)]
韮が花盛りで、ちょっと立ち止まって見ると少し大きめの蟻が、せわしなく花から花へと動き回っています。雌蕊(めしべ)の根元に美味しい蜜がでるのでしょう。

200906ニラの花にアリ02.JPG

200906ニラの花にアリ01.JPG

そして、花に比べて大きいので、その存在がばれそうなのに、気にせず獲物を待つ蟷螂(カマキリ)。

200906カマキリ捕食04.JPG

隣のオクラの葉には、まっすぐ伸びて枝の真似をしているのも(葉っぱの上なので、明らかに浮いているように見えるのだけど、これでも擬態としては成り立っているのでしょう)。

200909カマキリ.JPG

蜂か何かを貪るように食べる者も。

200906カマキリ捕食02.JPG

秋が近づいてきて、産卵のために栄養をつけているのでしょう。

栄養を付けようといろいろ移動するためなのか、秋には舗装道路の上に交通事故にあってしまった蟷螂の死骸が目立つようになります。傍らには、蟷螂の消化管に寄生する針金虫(ハリガネムシ)が、宿主が死んでしまって行き場をなくして外に出てきて干からびてしまっていたりします。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ