CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『すごいぜ!菌類』

[2020年08月23日(Sun)]
『すごいぜ!菌類』(星野保著、2020年、ちくまプリマ―新書)

2007すごいぜ!菌類.JPG

微生物に関心がありながら、細菌と菌類の違いを、ようやくこの本である程度認識できたような気がする。

菌類は大雑把に言うと、キノコやカビ、酵母などなのですね。

それにしても、この本の「おわりに」にも多くの人にとってわかりにくいと言われると書いてありますが、菌類の生活環について最初のほうで、よく見る図で詳しく解説してあるのですが、どうも頭に入ってこない。生活環についての解説に今後何度か会ううちにわかってくるのでしょう(ということにしよう)。

全体としては、いろいろ興味深い内容で面白い。

菌類の菌糸は、異なる種を含む植物間での情報伝達に使われていたり、植物内にも菌類や細菌、ウイルスなどがいて、それらが単体では耐えれないような高温に、何らかの形で協力して、全体として耐えられるようになっている場合があること、鉄筋コンクリートでいう鉄骨、針金、セメントに例えられる植物における構成物質であるセルロース、ヘミセルロース、リグニンのうち、リグニンについては、約4億年前まではそれを分解する能力を菌類がまだ持っていなかったために、枯れた植物が完全に分解されずに積みあがってしまっていて、それが石炭になったこと、多くの生物由来の化合物が化学合成されている今日でも、エタノール(お酒とかですね)については、酵母などによる発酵法が一番効率がいいので、ほとんど発酵によって生産されていること、など、興味が尽きない。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:細菌 菌類

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ