CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

769_遅植えつくね芋

[2020年08月13日(Thu)]
食べるつもりで置いていたつくね芋と紫つくね芋の存在を忘れてていて、気づいたときには7月下旬で、新聞紙にくるんで段ボールに入れた状態で、白っぽいのと紫色の太い芽とあてもなく根がたくさん出ていました。

しかし、まだ生きているので、ちょうど、梅雨の長雨で小玉西瓜(こだまスイカ)のはたけが半分くらいは不要になったので、そこに植えることにしました。

植えたばかりの時はこんな感じ(3個植えました)。

200727遅植えつくね芋03.JPG

200727遅植えつくね芋02.JPG

200727遅植えつくね芋01.JPG

1週間くらい経つと、しっかりした芽になってきました。

200804遅植えつくね芋03.JPG

200804遅植えつくね芋01.JPG

200804遅植えつくね芋02.JPG

なぜか、西瓜ばたけの真ん中からもいつの間にか芋がこぼれてしまったのか、つくね芋の芽が出てきていたので、その芽の分もあわせて支柱をたててやりました。

200808つくね芋はたけ追加04.JPG

200808つくね芋はたけ追加05.JPG

200808つくね芋はたけ追加06.JPG

普通は、5月のゴールデンウィークの頃に種イモを植えるので、遅れること3か月、生育期間がその分短いのでどれくらいまで大きくなるのか11月下旬くらいの収穫が楽しみです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ