CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

740_大根(ダイコン)のタネ取り

[2020年06月16日(Tue)]
最近タネ取りづいている私。

昨年10月に分けてもらった野口のタネのうち、小ぶりな大根。残しておいた株で花を楽しんだ後ほっておいたら、タネができてきました(タネを蒔いてからタネを取れるまでは7、8か月はかかるということです)。

200604大根のタネ01.JPG

200604大根のタネ02.JPG

小松菜(コマツナ)やルッコラのように十字花系(花弁が4枚で、花が十字に見える。菜の花系とも言う)だし、外形も似ているので、同じようにタネが2部屋に分かれていて、真ん中に半透明の仕切りがあるのかと思ったら、ちょっと違ってました(半透明の仕切り自体はありそうな感じですがきれいにわかれない)。

200608ダイコンのタネ01.JPG

内装にクッションがあって、タネを守っている感じ。一鞘に入っているタネの数も少ない。何より鞘がすぐに分解しないのでタネを取るのが面倒。

200610大根タネ.JPG

小松菜やルッコラは、タネが熟したらどんどんはじけて、タネはばらまかれてしまいますが、大根の場合は、鞘ごと地面に落ちてそのまま芽生えのタイミングを待つのでしょうか?

200613大根のタネ.JPG

それと気になったのは、数日前に梅雨入りして一気に雨になってしまう前は結構日照り続きで乾燥していた時に取って乾燥させておいたのに、ルッコラと一緒で鞘の中で発芽しているタネがあったことです。謎です。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ