CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

737_ルッコラのタネ取り

[2020年06月13日(Sat)]
軒下近く置いたプランターに冬にタネを蒔いたルッコラ。

最初は食べていたものの、大きくなって薹が立ってきて花が咲いたので、単純に花を楽しんでいたら、どうも途中でプランターの底から根が伸びて庭の土の中に入り水をやらなくても大丈夫になってしまっていました。

4月末の花盛りの頃はこんな感じ。

200429ルッコラ花盛り.JPG

まだちらほら花は咲いていますが、花が咲いた後にはタネができつつありますので、タネを取ってみることにしました。

200604ルッコラのタネ01.JPG

鞘が赤いうちはまだ未熟。

200604ルッコラのタネ03.JPG

薄茶色で乾いてきたらいいのかな?

200604ルッコラのタネ04.JPG

触ってみると、簡単に鞘は壊れて、タネが出てきます。十字花の咲く菜の花系なので、先日タネを取った小松菜(コマツナ)と同じ作りですね。

200604ルッコラのタネ06.JPG

先っぽにとがったものがついていて、二部屋に分かれていてそれぞれにタネが数個ずつあり、真ん中を透け感のある半透明な仕切りがあります。

200604ルッコラのタネ02.JPG

不思議なことに、発芽しているものが。

200604ルッコラのタネ08.JPG

200604ルッコラのタネ07.JPG

鞘ごと地面に落ちてしまって水浸しになったのならわかるのですが、梅雨入り前にタネを取ったときは結構日照り続きでしかも、鞘は空中にあるままなので湿気を感じて発芽したわけではないはず。しかも、結構な数で。なぜなんだろう。

いったん発芽して、乾燥させてしまうと死んでしまうでしょうから、かびたりして大丈夫なタネに悪影響を及ぼさないようにハネておかないといけないでしょう。

試しに、発芽してしまっているものとしていないもの含めて、水に浸したキッチンペーパーのに乗せて観察してみたら、すべて育っています。発芽したばかりだからまだ生きているのでしょう。

200608ルッコラ発芽実験02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ