CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

721_韮(ニラ)の株上げ(&分け)

[2020年05月22日(Fri)]
韮は以前育てていたのですが、他の草と混然一体となってきて、そうなると、仕訳をするのが面倒くさくなってそのまま野生化していました。

今回、時間があったので、久々に復活させようと、株上げ(&分け)を行ってみることにしました。

韮は、普通に育てていると、だんだん分蘖(ぶんけつ=根元から株が分かれてくること)が進んで根元が密になってしまい、結果として勢いが衰えてしまいます。

そこで、時々根元から引き上げて、1株ずつに分けてやり、また植えなおすといいと言われ、時期的には冬から春咲きにするようにと書かれたりしています。

非活動期にやるといいという意味だと思われますが、今の時期でもまあ大丈夫でしょう。また、あまりインターネットなどには書かれていないのですが、葱(ネギ)などと同様、少し日に当てて干しておいたほうがいいと聞いたことがあって、実際数日干したら元気になった記憶があります。

葱は太いので、1か月くらいは干しっぱなしにしても大丈夫ですが、韮はあまり長期干すと死んでしまいそうな気がします。前にも書きましたが、いずれにしても原産地では乾季があって、その時期にじっと耐えて雨が降ると一気に元気になるという習性があるのではないかと。

少し前置きが長くなってしまいました。

こんな感じで、野生化しているのを、

200506ニラの株上げ01.JPG

掘り出して、

200506ニラの株上げ02.JPG

ほぐして一株ずつにします。

200506ニラの株上げ03.JPG

根元にこんな感じの球根のような塊があります。

200506ニラの株上げ04.JPG

200506ニラの株上げ05.JPG

5月6日に引き上げて株分け干して、9日にはこんな感じに乾いていて、

200509ニラ株上げ.JPG

植えなおして、5月21日の状態で、青い葉が出てきています。


200521ニラ.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ