CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

27『ガーンジー島の読書会の秘密』2020レンタルにて

[2020年04月09日(Thu)]
『ガーンジー島の読書会の秘密』
(監督:マイク・ニューウェル、出演:リリー・ジェームズ、マイケル・ユイスマン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ミキール・ハースマン、グレン・パウエル、キャサリン・パーキンソン、マシュー・グード、124分、2018年、イギリス・フランス映画)

2004ガーンジー島の読書会の秘密.JPG

2020年、映画鑑賞27作品目。

第二次世界大戦直後、イギリスとフランスの間に浮かぶ島の中の一つガーンジー島が舞台の映画。

イギリスの中で唯一ナチスドイツに占領されたその島には、当時から続いている読書会があり、イギリスに住む主人公である作家が手放さざるを得なかった蔵書が、たまたまその島にわたり、本に住所を書いていたことから、読書会のメンバーから手紙が届く。

文通が続く中で、戦争当時メンバーの心の支えになっていた読書会について、作家として興味を持つようになり、取材のために島に渡ることに。

突然の訪問にもかかわらず読書会にも参加させてもらうのだが、読書会を創設した女性がそこにいないことについて、メンバーは語りたがらない。主人公は、滞在を伸ばしてその謎について調べはじめ、徐々に事実が明らかになってくる。

戦時の厳しい環境下での人間ドラマ、そして、本や文字(手紙)によって結ばれる人の心。島の風景も美しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ