CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

福山市の仙酔島で久々の句会2002

[2020年02月29日(Sat)]
二十数年まえから、少人数の友人で時々開催している句会。もともとは友人の中の一人が小林恭二さんの『俳句という遊び』(岩波新書)を読んで感動したのがきっかけ。これまで関西から山口県東部にかけての何か所かで開催しています。

何回目で何年振りか覚えてないのですが、今回は映画『崖の上のポニョ』のモチーフになったことでも有名な鞆の浦の雛祭り観光をして、対岸にある仙酔島(昔仙人がその風景に酔いしれて伏して島になったという言い伝えがある)に宿泊し、江戸風呂などを楽しみながら句作を練るというもの。

あらかじめ出された兼題一題と、みんなが出会ったところで出された席題三題+自由題、合計五題。夕食終了後までに投了(一題に複数投句することも可)。題を出した人が題ごとに1枚の紙に句を清書していき、題ごとに一人正選(一押し)一句、逆選(ダメ出し)一句を選んで〇×を付け、題ごとに生選、逆選理由を述べながら各句の評をしていって、誰の句かを明かしていくというもの。最終的に、生選(+1)・逆選(−1)を集計して得点の多い人が優勝という趣向。

細かな具体的内容は書きませんが、何度やっても面白い(メールでの参加者もあり)。知り合い同士なのである程度誰が書いたのか想像してしまうものの、必ずしも当たらないし、基本は誰かでなくて、内容を考えて、ここがいいとか嫌だとかを意見しあうのが楽しい。

翌日は、仙酔島をのんびり散策したり、再度鞆の浦を観光したりして解散。

それぞれの現況を話したりして旧交を温め、リフレッシュしました。

宿からの瀬戸の夕暮れ。


200223仙酔島.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:句会

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ