CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

690_絹莢豌豆(キヌサヤエンドウ)の花が、早くも咲いてしまいました200201

[2020年02月03日(Mon)]
今年は去年に続いて暖冬です。

1、2月は漠然と寒い時期と思っていて、いつ頃が一番寒いというのをあまり考えたことがなかったので、インターネットで改めて調べてみたら、住んでいるところの平均気温と最近の数年の1日ごとの気温のグラフがちゃんと載っているのがわかりました。それで見ると、平均で見ると1月末から2月初めにかけてが気温の底になっている。つまり、今が一番寒い時期なのですね(そして、2年前の2月初めが特に寒かったことがわかります)。

絹莢豌豆やスナップ豌豆は、11月初めにタネを蒔いて、十数センチくらいの低い背丈で冬を越し、春になってあたたかくなってぐんと大きくなって5月以降に収穫を迎えるのが例年のパターンです。

ところが、今年はもうどんどん大きくなってきていて、

200201絹サヤ01.JPG

しかも、日の当たらない北側で花が咲き始めているのです。成長はゆっくりでしょうが、実ができてしまうのでしょうか。

200201絹サヤ03.JPG

200201絹サヤ02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ