CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

子ども食堂(仮称)を見学してきた200119

[2020年01月21日(Tue)]
昨年の11月に知り合いの若いお父さんたちといっしょに子ども食堂の立ち上げに関する講座を受講して、一気に盛り上がって開催の運びとなった子ども食堂の初回を見学してきました(私は、地域のおじさん的な立場)。

中心メンバーは、PTAの役員などだったりするので、学校側との連携がスムーズで、フライヤーも学校が印刷・配布してくれ、地域の人たちにも使ってもらえるコミュニティルームとなっている空教室を集合場所にして、調理室も借りて、みんなで一緒にカレーを作って食べようという会になったようです(食事代は、子ども50円、大人200円)。

特に事前申込み不要にしたら、予想を超える子ども60人、大人20人くらいという大盛況。
調理台の数である6つの班にくじ引きで異学年にわけて、ぎゅうぎゅう状態でしたが、班長のお父さんの下、ちゃんと役割分担をしながら和気藹々と調理しているすがたはほほえましい。

200119子ども食堂01.JPG

200119子ども食堂00.JPG

食材もいろいろなところから提供してもらって、岩国ならではの蓮根(レンコン)もあって、カレーの中に入れたり、薄い輪切りにしてホットプレートでこんがり焼いてトッピングにしたりと楽しい。

200119子ども食堂02.JPG

200119子ども食堂03.JPG

200119子ども食堂05.JPG

200119子ども食堂06.JPG

200119子ども食堂07.JPG

私は、お昼から別用があったので、残念ながら完成まで居ることができなかったのですが、その後、場所を分散してみんなでカレーを食べ、会の名前をみんなで決めたり、楽しく過ごしたようです。

とりあえずは無理せず不定期で開催していこうというゆるい感じで、みんなが楽しんでやっている雰囲気が伝わってきました。

応援していきたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:子ども食堂

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ