CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1『東ベルリンから来た女』2020DVDにて

[2020年01月05日(Sun)]
『東ベルリンから来た女』
(監督:クリスティアン・ペッツォルト、出演:ニーナ・ホス、ルナルト・ツェアフェルト、ヤスナ・フリッツィ・バウアー、マルク・バシュケ、ライナー・ボック105分、2012年、ドイツ映画)

2001東ベルリンから来た女.JPG

2020年、映画鑑賞1作品目(DVDにて)。

昨年観てよかった『未来を乗り換えた男』のDVDを買おうと思ったら、同じ監督の2作品がセットになっていたのがお得だったので購入して、しばらくほったらかしにしていたものを観てみました。

ベルリンの壁が崩壊する10年近く前の1980年の頃の東ドイツを描いた映画。

主人公は、西側への出国申請をしたために東ベルリンの大病院から田舎の病院に左遷された女性医師。少し遠出をしただけで、秘密警察が家宅捜索にやってくるような厳しい監視下にありながら、西ドイツの恋人と密会して密出国の手はずを進めている。

病院にいる同僚医師は、かつて医療ミスを起こして地方勤務を課せられており、彼女に思いを寄せるようになり、医師としての責任感の強い二人は仕事を通じて好意を寄せあうようになる。

患者と真摯に向き合う彼女は、医師としての責任と、西側への出国への思いとの間に揺れる。

あまり描きすぎない押さえられた表現で、当時の東ドイツの抑圧された状況とそこに生きる人たちのことを少し体感することができたような気がする。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ