CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

今年も焚き火遊び、はじめました191208

[2019年12月15日(Sun)]
寒くなってきて、今年も焚き火遊びのシーズン到来です。主に地元の小学校にチラシを配布して自由に参加してもらっている行事(12月から3月にかけて月一開催)。

191208t焚き火遊び13加工.JPG

191208t焚き火遊び01加工.JPG

第一回目は、大学1年生の女の子たちがボランティア参加。メンバーの1人が、ここの焚き火遊び経験者で、大学の授業で講義とともに何かボランティア体験をして報告をすることになっていて、その一つとしてこの行事を選んでくれたのです。

子どもたちと遊んでくれたり、2回目に行う予定の竹を使った炊き込みご飯のために竹をつるす竹の支柱をリニューアルしてくれたりと、活躍してくれました。

こういう参加の仕方も大歓迎です。

今年初めて育てて収穫した紅はるかも収穫したときに比べて寒さで甘さを増して、とてもおいしかった。

マシュマロを定番として、竹の枝に刺してウインナーを焼いたり、バナナやりんごや、じゃがいもとバターをアルミホイルで包んで焼いたり、焚き火の活用も微妙に進化。

冬はやはり、焚き火遊びでしょう(残念ながら、写真はほとんど撮ってない)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ