CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

「第30回記念!沼田ふれあいまつり」を観て来た191027

[2019年10月29日(Tue)]
岩国市の錦町にある沼田(ぬだ)地区に伝承されている上沼田(うえぬだ)神楽。

その神楽を、日頃練習をしている沼田ふれあい神楽交流館を舞台にして、広く一般の人にもお披露目する行事としてはじまった「沼田ふれあいまつり」を観にいってみました。

時間に余裕を見て出かけたら、到着は少し早すぎましたが、おまつりの準備は万端。周辺の案内図があったりしたので、

191027沼田ふれあいフェス02加工.JPG

山口県の棚田20選にも選ばれたらしい棚田の風景をながめたり少し散策しました。

191027沼田ふれあいフェス01加工.JPG

山の中に、ぽつんと開けた棚田があって、向こうには山並みが広がるという、どこか懐かしい美しい風景。こういう平家伝説が生まれそうな山里というのは、中国山地にはたくさんあるように思います(実際、沼田地区にも平家伝説はあるようです)。

ふと思ったのですが、地形状どの程度開拓しやすそうな土地であれば人が住み着いたのかといった研究はあるのでしょうか?あれば読んでみたいと思います。

10時からの挨拶の後、午前中の3演目をのんびりながめ、

191027沼田ふれあいフェス加工.JPG

191027沼田ふれあいフェス04加工.JPG

191027沼田ふれあいフェス05加工.JPG

191027沼田ふれあいフェス07加工.JPG

お昼には、12月1日に、岩国市民文化会館大ホールでのワンマンライブが予定されている、岩国を中心に活動しているシンガーソングライターの原田侑子さんのミニライブを楽しみました。

191027沼田ふれあいフェス09加工.JPG

会場には足ふみ式の台唐(だいがら)による餅つき体験や、そのお餅やおにぎりの販売コーナーなどもあり、途中で野菜を買ったり、肉うどんなどを食べたりしておまつりを堪能しました。

沼田地区は、現在では住んでいるのはわずかな高齢者のみで、神楽の伝承や棚田の一部の維持はまち場に出た出身者にかかっているようです。逆に神楽の存在が、コミュニティ継続の大きな柱になっているとも言えるのでしょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ