CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

日の出体験のお勧め

[2010年01月17日(Sun)]
日の出を感じるのが好きです。

今日は、晴れそうだったので、久々に日の出を観て、ついでに写真撮影することにしました。

午前7時出発。歩いていったほうがよりいいのですけど、ちゃんと日の出の時間を確認するのが面倒だったので、そろそろだなという空模様になったところで車で出発。2分で海岸の公園に到着。


まだ、日の出までは余裕がありそうです。低い雲がかかっています。ここ瀬戸内海では、だいたい低い位置に雲がかかっているし、珍しく雲がほとんどかかっていなくても、遠くの島から日が昇ることになりますので、水平線から日が昇るということはありません。

カモがたくさんいるので、できればカモも写真の中に入れたい。となると、手前にカモが入ってくれるためには、できるだけ低い位置、海岸近くから撮る必要があります。

右手に見える、魚みたいな島も画面に納めたいので、日の出の位置と島の位置と、カモの位置と、それを調整するために、私がどう動けばいいのかを、のんびり眺めながら考えます。

数分後に、雲の端が光ってきました。


いよいよです。左のあたりから上ってくるはずです。漁船がやってきましたので、タイミングを見てシャッターを押します。日の出のときにちょうど船がいい感じのところにくるといいのですが、そういうわけにもいきません(船の位置の微調節は、自分が動けばできます)。


遠くにもう一艘の船が高速で左から右に進んできました。手前をゆっくり右から左へ進む船とのタイミングを見てシャッターを切りましたが、船に気をとられていると、カモの姿が画面から消えてしまいました。


おっと、雲の中から日がでてきました。でもこれはここではよくあることで、島の上空に雲がかかっているので、下の部分は雲が薄くなっていて、島から日が昇っているのです。ということは、今日は2度の日の出のチャンスがあるということです。



太陽が雲に隠れていきます。

長くなったので、続きは次の記事で。

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ