CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

600_油虫の大量発生

[2019年04月10日(Wed)]
烏野豌豆(カラスノエンドウ)には、春先に油虫がついているのを良く見かけるのですが、今年は特にたくさんついているようです。

こんな感じ。取り付いてひたすら樹液を吸っています。

190406油虫01.JPG

190406油虫02.JPG

近寄ってみると、これはこれでかわいい。

190406油虫03.JPG

うちのはたけでもそうですが、近所でもかなりはびこっているようです。

油虫は、比較的多くの植物に付くといわれているようですが、虫たちと言うのは、その虫によって基本的に同じ種類の植物にしか付かないので、主には豆系の植物が危ない。

今の季節で言えば、絹莢豌豆(キヌサヤエンドウ)やスナップ豌豆などにはびこらないように、気をつけないといけません。ついてきたら、手でつぶしてやればいい。

油虫の場合、それ自体の食害よりも、彼らが運ぶウイルスによる病気のほうが被害が大きいらしい。

ただ、見てわかるように、羽があるのはごく一部なので、そんなに被害は広がらないのではないかと楽観視しています。それにしても、烏野豌豆は刈り取ってやらないといけないなと考えているところです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ