• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

593_「人肌発芽」による苗作り、今年もはじめました190318

[2019年03月19日(Tue)]
ティッシュや脱脂綿などでタネをはさみ、水分を含ませて、爪楊枝で穴を空けてチャック付きポリ袋に入れ、それを首かけ式の袋に入れて肌着の上、お腹あたりに来るようにして温める「人肌発芽」(詳しくは、このブログ内検索で「人肌発芽」で)。今年も、ミニトマト(アイコとレッドオーレ)のタネからはじめました。

190318人肌発芽01.JPG

190318人肌発芽03.JPG

190318人肌発芽02.JPG

数日後に発芽すれば、育苗ボットに移して、簡易温室として使う半透明の衣装ケースで苗を作ります。

少しずつ種類を変えて人肌発芽をしばらく続け、夏野菜へ向けての活動が始まります。

楽しみです。

追記:「人肌発芽」の効用については、以前まとめて書いていますが、もう一つ、「発芽率が良くなる」、と言うことがあるように思います。タネ袋に書いてある発芽率は、最低保障率だと思うので、それ以上の発芽率になるのは当然としても、「人肌発芽」では、100%に近い発芽率になることがほとんどです。条件がいいからだと思われます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
タグ:人肌発芽

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ