• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

592_人参(ニンジン)の種蒔きなど

[2019年03月17日(Sun)]
先週、草取りや施肥を終えて畝(うね)を作っておいたので、人参の種蒔きをすることに。

写真ではわかりにくいのでこれまであまり紹介してこなかったように思いますので、今回、見にくいのをご容赦いただいてあえて書いてみましょう。

まず、15センチくらい間隔に、タネを蒔くための筋を指で引いていきます。あまり広い畝にしていないので3筋にしました(三条植えと言います)。

190316ニンジン種蒔き01.JPG

人参のタネ。香辛料のクミンシードのように細長い。

190316ニンジン種蒔き02.JPG

それを、引いた筋に蒔いていきます。もう少しむらなく丁寧に蒔くべきなのかもしれませんが、大雑把に。

190316ニンジン種蒔き03.JPG

そして、軽く土をかぶせて平らにし、燻炭(もみ殻を蒸し焼きにしたもの)を筋沿いに軽くまき、水をかけて軽く押さえます。軽く押さえるのは、ふかふかのままだと乾燥しやすいので。でも、せっかく耕して柔らかくなった土を硬くしてもいけないので、そのあたりが微妙。

190316ニンジン種蒔き04.JPG

190316ニンジン種蒔き05.JPG

燻炭は、土壌改良にもなるし、雨が降って土が掘れてタネが出てしまうのを防ぐためです。

別に作っておいた畝には、萵苣(チシャ)の苗を買って植えました。苗の根元にも燻炭。雨が降って土が跳ね返って葉っぱに付き、不要な菌が付くのを防ぐためです。

190316チシャ苗植え.JPG

また少し畝を作ったので、次の週には、スナップ豌豆(エンドウ)や絹莢豌豆(キヌサヤエンドウ)を苗で買って植えようと思っています。本当は、11月にタネから育ててはたけで冬を越させた方が圧倒的によく実るのですが、最近は冬季のはたけ仕事を真面目にやっていないのでこうなってしまいます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ