CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

77『おだやかな革命』2018横川シネマにて67

[2018年09月05日(Wed)]
『おだやかな革命』
(監督:渡辺智史、ナレーション:鶴田真由、100分、2017年、日本ドキュメンタリー映画)

1808おだやかな革命.JPG

2018年、映画鑑賞77作品目にして、劇場での鑑賞67作品目。

「おだやかな」と「革命」という相反するような言葉が組み合わさっている不思議なタイトルですが、映画を観ていて、だんだんじわじわとくる感じがあって、あらためていいタイトルだと思わせる。

東日本大震災の原発事故をきっかけに福島県の酒蔵の当主や、放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた電力会社。集落全体で出資してつくりあげた小水力発電。首都圏の消費者と地方の農家や食品加工業者が連携して進める市民風車。豊かな森林資源を活用したビジネスに取り組む山奥の小さな村など、エネルギー自治を目指しながら、それぞれのコミュニティの中で人同士のコミュニケーションを大切にしながら、幸せな暮らしを地道に求めていく姿が描かれる。

コメントをしている廣井良典さん(京都大学こころの未来研究センター教授)、枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)、辻信一(文化人類学者)、3人が私にとってはそれぞれみんな著書に親しんでいる人で、一つの映画の中でつながっているところがうれしい。

横川シネマにて、9月7日まで。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ