CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

『枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』予約しました

[2018年07月28日(Sat)]
2018年7月20日、通常国会最終日に内閣不信任案が提出され、その趣旨説明の演説が3時間弱の長時間にわたって立憲民主党の枝野さんによって行われました。

テレビのニュースでは、「内閣不信任案が提出されましたが、否決されて、カジノを含む統合型リゾート実施法案が可決されました」。くらいでしか伝えられていませんでしたが、演説の中身をすぐに文字に起こしてくれる人がいて、インターネット上で読むことができたので読んでみました。

この間、どんどん進んでいく何とも理解しがたい国政全体の劣化についてだけでなく、多数決が正当性を持つための前提や、民主主義の基本、あまり報道されないので知る機会の少ない国会の事情(例えば、野党は反対ばかりと批判されるが、多くの法案は野党協力の元可決されていて、逆に、野党提出議案は所管委員会に政府提出議案がないのに与党の拒否によって議論さえなされていないこと)などについて、わかりやすく説明してくれています。

そのためか、その日のうちに、演説録を冊子にしようという機運が盛り上がり、8月9日に急遽出版されることが決まったようで、早速予約しました。

あらためてじっくり活字で読んでみたいと思いますし、この本ををテキストに、今の国政について話し合う機会が少しでも増えるといいなと思います。

扶桑社から発行で、アマゾンから予約することができるし、書店で予約することもできると思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ