CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

571_西瓜(スイカ)や南瓜(カボチャ)の雌花について

[2018年07月18日(Wed)]
ようやく7月13日に小玉西瓜の雌花が咲いたので受粉してやったことを書きました。

西瓜やカボチャの雌花は、花の下にすでに実になるふくらみがあって重いだろうに、咲いたときには受粉してくれる蜂などの目に付きやすいように(特に西瓜は)凛と上を向いています。

そして、翌日には、花びらは落ちて、実になる部分もだらりと垂れ下がります。受粉しなくても、垂れ下がるのですが、受粉が失敗に終わると、2、3日後に黄色く変色して落果します。

180714小玉スイカ ブログ用.JPG

受粉の成否にかかわらず垂れ下がるのは、単純に花が咲き終わると、花を支える必要がなくなるので、それまで上を向くように支えていた仕組みを終えるように何らかの指令が伝えられるのでしょうが、何となく受粉が成功したほうが、しっかり垂れ下がるような気がするので、受粉したらいち早く垂れ下がるような命令が伝わるのではないかと思うのは、ただの気のせいか、本当にそうなのか、多分すでに調べられていると思うので、機会があれば調べてみたいと思っています(どういう仕組みで上向きに支えているかも気になります)。

1番雌花はもう、ぐんぐん大きくなってきているので、そろそろ烏(カラス)避けのネットを張ろうと思います。下に藁(わら)を1回巻いて座布団にしてやりました。

180718小玉スイカ ブログ用.JPG

今日近所の人から聞いたのですが、先日の豪雨で、すでに繁茂していた西瓜のツルの多くが水でやられてしまったようです。うちの西瓜は出遅れたのが怪我の功名だったかもしれません。これからツルがどんどん伸びていく状態なので、豪雨の被害はありませんでした。


180718小玉スイカ全景 ブログ用.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
タグ:雌花 スイカ

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ